コラム

自動シャッター・電動シャッターの値段と節約するコツを教えます

自動シャッター・電動シャッターの値段と節約するコツを教えます

 

「自宅に自動シャッターや電動シャッターを設置したい、けど設置費用はいくらくらいが相場なのだろうか…」、その悩みは今回の記事で解消してしまいましょう。

自動シャッターは手動式に比べて圧倒的に機能的です。設置することでより快適に暮らすことができるでしょう。また、見た目もとてもスマートです。

今回の記事では、自動シャッターや電動シャッターの値段や設置費用を抑える方法やメリットまでまとめました。今現在「自宅に自動式シャッターを設置しようかな」と、少しでも考えているかたは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

自動シャッター・電動シャッターの値段はどれくらい?

自動シャッターや電動シャッターの設置費用は、シャッターのサイズや素材によって前後します。しかし、一般的にいわれる価格は下記のとおりです。一例として参考にしてみてください。

 

・小型の電動シャッター:10万円台

・中型の電動シャッター:20万円台

・大型の電動シャッター:40万~50万円台

・アルミ素材の電動シャッター:70万円台

 

電動シャッターは開閉が簡単にできるぶん、種類によっては手動式シャッターのおおよそ2倍以上の金額になることもあります。しかし、それでも家に電動シャッターを設置する人が多いのは、手軽さなどそれなりの魅力があるからといえるでしょう。

 

自動シャッター・電動シャッターの値段を安くする方法!

自動シャッター・電動シャッターの値段を安くする方法!

 

高額になる自動シャッターや電動シャッターは、少し工夫をすれば値段を抑えることも可能です。ここではシャッター設置の費用を少しでも抑えるための工夫を、いくつかご紹介します。

 

今ある手動シャッターを自動化する

すでに主導のシャッターがついているお宅、多いのではないでしょうか?じつは手動式のシャッターも、電動で巻き取るシャフトを新しく取り付けることで、自動シャッターに生まれ変わるのです。この方法はおそらく、もっともお得に電動シャッターを導入する方法のひとつでしょう。

とはいえ、ひとつだけデメリットがあります。それはシャッターの静音性が確保しづらいこと。手動をベースに作るシャッターは、音を静かにすることが難しいといわれます。

 

外壁工事をせず取り付けられるシャッターを選ぶ

自動シャッターを自宅に取り付ける際、外壁工事が必要ない入り口や窓のサイズに合ったものを選ぶことで、設置の費用を抑えることが可能です。また、シャッター設置にかかる工期も、外壁工事が必要なものに比べて短くなります。

 

安物を選ぶのではなく、お得な業者を選ぶ

「自動シャッターを設置する費用を抑えたい」というようなとき、シャッターの質を落として安くするのは避けたほうがよいかもしれません。安価なシャッターは音や操作性の問題がありがちです。せっかく付けたシャッターの使用中に、不満が生まれかねません。

自動シャッターの設置費用を抑えるなら、シャッター本体の値段を安くするのではなく、設置作業を依頼する業者の「作業費用」を抑えることにフォーカスしたほうがよいでしょう。作業費用の安い業者を探す方法は簡単。オンラインの比較サイトを使いましょう。

比較サイトを使ってざっくりと値段の比較をおこないます。細かい費用と内容の比較には、相見積りがおすすめです。相見積りはいくつかの業者に見積りを依頼して、費用と作業内容を比較する方法です。比較サイトと相見積りを併用することで、よりお得な業者を探し出すことができるでしょう。

 

自動シャッター・電動シャッターのメリット

自動シャッターや電動シャッターの値段は、手動シャッターよりも高いです。しかし、自動シャッターには手動式にはない、明らかなメリットがいくつもあります。ここでは自動シャッターの、とくに大きなメリットを4つご紹介します。

防犯性が大幅アップ!

自動シャッターを取り付けることで、自宅の防犯性は大幅とアップします。窓ガラスを割って侵入する空き巣はもちろん、シャッターを閉めることで、見た目から防犯意識の高さを示すこともできるでしょう。シャッターによる防犯性能は抜群といえます。

 

リモコンでスマートに開閉できる

手元のリモコンひとつで開閉ができる自動シャッターはとてもスマート。手動シャッターのような手間もかかりませんし、車の出入りがあるガレージに取り付ければ、車のなかからボタンひとつでシャッターを開閉することが可能です。とても便利なものですね!

 

ガシャーン!という騒音がない

深夜に鳴り響く「ガシャーン」というシャッターの開閉音。とくに住宅街や商店街では、こうした「騒音」はトラブルの原因になる可能性もあります。自動シャッターなら、そのような音の心配は無用です。

動作はゆっくり丁寧です。圧倒的な静かさは自動シャッターならではの特徴です。

 

窓や扉を閉めたまま開閉できる

窓のシャッターは防犯にも一役買います。しかし、とくに凍えるような寒い日は「窓を開けてシャッターを閉めて」の、一連の作業が面倒に感じることはありませんか?自動式シャッターなら、開け閉めはスイッチやリモコンひとつです。凍える心配もありません。

 

もしものときは手動にできる?デメリットはない?

もしものときは手動にできる?デメリットはない?

 

自動シャッターを設置したときに感じる不安といえば、「停電や故障のときに、シャッターが開閉できるのかどうか」。自動シャッターのなかには、確かに電気がないと動かない種類のものもあります。しかし、それはすべての自動シャッターに当てはまるわけではありません。

 

停電や故障の際は、手動に切り替え可能です!

停電や故障などの緊急事態、そんなときは自動シャッターを手動で開けられる状態にしましょう。そのためには自動シャッターを選ぶときに手動に切り替えができる種類のものを購入することです。

「電気の供給がなくても開閉ができるかどうか」を必ず確認しておきましょう。手動に切り替える方法も必ず事前に確認をしておき、緊急事態に備えておきましょう。

 

手動で開閉する際に気を付けること

停電や故障などの緊急事態、普段なら自動で開け閉めしているシャッターです。手動で開閉するときは、いくつかの注意点を抑えておきましょう。

まず、シャッターを手動で開閉するときはブレーカーを落とすようにしましょう。ふいに電源が入ってしまうと危険を伴います。また、手動でシャッターを開閉するのは停電や故障のときのみにするようにしましょう。不用意に手動で動かすと不具合の原因になります。

シャッターの開け閉めをおこなうときは、できるだけ複数人でおこないます。思いのほかシャッターが重たいことがあるからです。開閉するときは、下に人や車・ものなどがないか入念な確認を。小さな子どもがいるお宅では要注意です。

最後に、シャッターの電源を戻すのは開閉が完全に終了するまで待つようにしてください。

これらの注意点は、とくに停電などの緊急事態に関係してきます。非常時のために、覚えておくと役に立つでしょう。

 

まとめ

自動シャッターは、生活が一変するほど快適になる可能性を秘めています。もしあなたが窓の外にあるシャッターを毎日閉めていたり、ガレージに車を出し入れするたびに降りてシャッターを開閉したりしているのなら、その変化は革命的なものになるかもしれません。

もし手動シャッターが故障している場合は、修理の代わりに自動シャッターの設置を検討してもよいでしょう。手動シャッターの修理費用に比べると、交換・設置費用は高くなるでしょう。しかし、設置するメリットは十二分に感じていただけるのではないでしょうか。

自動シャッターは手動のシャッターに比べて価格は高いものです。しかし、その便利さや機能性、防犯性の高さは金額に見合うもの。今回の内容を参考にして、ご自宅に新しく、自動シャッターを設置してみてはいかがでしょうか?

 

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103