コラム

知れば知るほど使いたくなる!窓シャッターの意外なメリットと高機能

知れば知るほど使いたくなる!窓シャッターの意外なメリットと高機能

 

シャッターと言われると、何となく大掛かりなものを想像してしまいがちですが、いまは、アルミなどから作られている「窓シャッター」を設置している家が増えています。技術が発展している現代ですが、まだまだ住宅の空き巣をはじめとする侵入被害は絶えません。

 

また、窓シャッターは防犯対策や防災対策としても活躍します。主流となりつつある窓シャッター。しかし、まだまだ窓シャッターを採用するメリットや設置方法などを知らない方は多いのではないでしょうか。

 

ここでは、そんな窓シャッターを使うメリットや設置方法、便利な機能などをわかりやすく徹底紹介いたします!

 

 

効果はたくさん!窓シャッターのメリット

窓シャッターを実際に設置すると、どのようなメリットがあるのでしょう。ここでは、窓シャッターがもたらすメリットをご紹介していきます。

 

大雨・強風からガラスを守る

窓は室内を守る壁の一部ですが、大雨や強風の影響で、飛来物が窓ガラスを割ってしまう可能性も危惧されます。そんな場合であっても、窓シャッターは頑丈に作られているため、暴風雨などの被害を軽減することができます。

 

窓ガラスが割れ、家の中に強風が舞い込み、屋根が吹き上がるという事態も考えられるでしょう。窓シャッターは、窓からの二次災害を窓シャッターで軽減することができるのです。

 

室内のプライバシーも保護

窓から外の景色を覗けるということは、外からも窓を介して、室内を不審者に見られているかもしれません。そんなとき、窓シャッターは閉鎖的な空間を作ることができるため防犯対策にぴったりです。

 

また、侵入経路で最も多い侵入口は「窓」なのです。玄関などに比べても、圧倒的に窓からの侵入が多く挙げられます。侵入口である窓をしっかりと防いでおくことで、窓シャッターは心強い防犯対策となるでしょう。

 

防火もできて火災時も安心

火災が起こると、窓ガラスはふつう、熱で割れてしまいます。割れた窓ガラスから室内へ火災被害が及んでしまうケースも多くみられます。しかし、窓シャッターがあればそのような危険性はかなり減るでしょう。

 

騒音対策にも最適

窓ガラスの防音対策も日に日に進化していますが、窓シャッターを設置することで、より防音効果となります。工事中や深夜の騒音などを軽減することができます。騒音から逃れ、質の良い睡眠時間や休息時間がよりとりやすくなるでしょう。

 

気になる窓シャッターの設置方法は2つ

気になる窓シャッターの設置方法は2つ

 

さて、窓シャッターの設置方法ですが、大きく分けて2つあります。ご自宅の状況によって方法を使い分けてみるとよいでしょう。

 

【方法1】リフォームで窓ごと変える

これは、「窓全体をリフォームする際に窓シャッターを設置する」という方法です。要するに、1から設置するということです。自分で取り付ける方もいますが、確認項目が複数あり、採寸ミスなどが起こりやすいです。

 

窓は非常に大切な役割を果たす場所であるため、やはりプロの技術を信頼し依頼することをおすすめします。また、業者によっては1窓あたり約1時間と短い時間での施工が可能です。

 

段取りとしては、窓枠を取り付けた後に窓シャッター本体を取り付けます。左右の溝の部分であるガイドレールを設置した後、最上部にシャッターを収納するボックスを取り付けて終了です。

 

料金や施工時間などは業者によってそれぞれですので、不安なことや相談があれば依頼をする前にしっかり聞いておくとよいでしょう。

 

【方法2】今ある窓にかぶせて設置する

すべてリフォームするのではなく、窓シャッターを後からつける方法です。設置方法は方法1で紹介したものと同じで、最近では設置しづらかった窓にもシャッターをつけることが可能となりつつあります。窓は変えたばかりで、特にリフォームする必要のない場合であれば、窓にかぶせて設置するとよいでしょう。

 

窓シャッターも進化しています!便利な機能2選

窓シャッターと聞くと、強度などがあいまいであったり、何となく暗いイメージを持ったりする方も多いのではないでしょうか。ここでは、進化しつつある「窓シャッター事情」をご紹介してまいります。

 

台風の日も安心!なアルミ製シャッター

アルミ製の窓シャッターを取り扱っているものは、防風対策に優れています。いまはオールアルミ製の商品も販売されており、台風の被害を強く受ける地域や沿岸部などにお住まいの方におすすめです。

 

また、「重そうだな……」と不安な方もご安心ください。手動のシャッターの他にも、リモコンで操作が可能な電動のシャッターもあるため、女性やご年配の方も簡単に上げ下げすることが可能です。

 

太陽光も風も通す快適&エコシャッター

防犯対策や周囲の騒音を防ぐことができる窓シャッターですが、設置する際に、よく懸念されることがあります。それは、閉鎖的がゆえに窓シャッターを設置することで太陽の光などの「日当たりが良好」といった景観が損なわれることです。

 

そういった悩みも、今の窓シャッターは解決してくれます。室内にちょうどいい光や風が差し込むようにシャッターを閉めることができ、視線も気にならないため、安全かつ快適な空間となるでしょう。

 

さらに、窓シャッターは省エネも期待されます。心地よい自然光が差し込むため、直射日光を遮る効果があるのです。暑くなる夏頃はどうしても冷房費が跳ね上がってしまいがちですよね。窓シャッターにすることで、冷房費を抑えることができるでしょう。

 

シャッターに関する疑問・悩みはプロに相談して即解決

シャッターに関する疑問・悩みはプロに相談して即解決

 

「窓シャッターを設置したいけど、自宅の窓に設置できるか不安……」「費用はいくらくらいかかるの?」などといった不安や疑問があったら、迷わずプロに相談してみましょう。

 

窓シャッターを設置するときに不安な点として考えられることは、リフォーム代金ではないでしょうか。家によって窓の形や場所もそれぞれですので、メニューに書いてある料金とは異なる可能性があります。料金に関する不安をなくすためにも、現地調査をおこないます。

 

窓シャッターを設置するときは、できるだけ多くのリフォーム会社に依頼してみましょう。それぞれ依頼するときは条件を変えずに伝えると、価格の比較などがしやすくなります。会社によって特色や料金が異なりますので、しっかり確認しましょう。

 

ちなみに、ショールーム見学会をおこなっている会社もあります。さまざまな窓やシャッターを実際に目で見て触って確かめることができます。窓シャッターをつけるメリットが、さらにわかりやすくなるでしょう。

 

まとめ

これまで、窓シャッターのメリットや設置方法、便利な機能についてご紹介してきました。窓シャッターがもたらすメリットは防犯・防災対策、さらに騒音を防ぐ効果があります。そしてセキュリティ対策にも優れているでしょう。設置方法は意外にも簡単におこなうことができ、窓ごとリフォームすることも、後付けすることも可能です。

 

重たそうに見える窓シャッターですが、今では電動シャッターもよく採用されています。リモコンなどを使って操作をするので、女性や小さなお子さん、お年寄りなど幅広い方に使いやすいものとなりつつあります。

 

疑問なことや相談がある場合はプロに相談してみましょう。特に、料金は業者によってそれぞれ異なりますので、多くのリフォーム会社に依頼して比較するとよいですね。

 

窓シャッターはあなたの安全・安心を守り、快適な生活のお手伝いをします。より良い暮らしを作るために、窓シャッターの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます