コラム

シャッターの台風時の役目とは?台風前にしておくべき対策を紹介

シャッターの台風時の役目とは?台風前にしておくべき対策方法を紹介

 

 

暑い夏が終わり、涼しい秋の到来かと思っていると、雲行きがあやしくなることがあります。台風は世界各国で1年中起こっていますが、日本に上陸してくるのは、夏から秋にかけてのことが多いようです。中でも秋は、台風が起こりやすい時期で注意が必要と言われています。

 

 

そもそも台風は、西太平洋や南シナ海で起こった熱帯低気圧が規模を拡大して、風速が早くなったものを指します。熱帯地方の海の上というのは、太陽の熱の影響で、海水が蒸発しやすくなっており、低気圧となりやすいのです。このように熱帯で起こった低気圧が日に日に規模を拡大し、夏から秋にかけて日本に上陸することになります。

 

 

かつて日本家屋では、台風の到来時に雨戸が窓ガラスの破損を防いでくれました。しかし雨戸が少なくなった今日では、窓ガラスでもガレージと同じように、シャッターがその役割を果たしています。

 

 

 

 

シャッターの台風時の役割とは?

台風が上陸すると、強い風が吹いて物が飛ばされるので、かつての日本家屋では雨戸がついていることが一般的でした。台風が来ると住民は皆、雨戸を閉めて窓ガラスを守ったものです。以前は日本のあちこちで窓ガラスに雨戸がつけられていましたが、雨戸は開け閉めに手間がかかることもあり、最近ではそのような光景もめっきり減りました。

 

 

今では電動でも閉められる便利なシャッターが、雨戸の代わりに窓辺に使われるようになってきています。シャッターは雨戸と同じく台風で飛ばされた物から、窓ガラスを守る役割を果たしてくれるのです。

 

 

シャッターの台風時に閉めるべき!

台風の影響を受けやすい地域にお住まいの方や、周囲に風を防ぐような建物が少ないとう場合は、いざというときに窓ガラスが割れないよう、シャッターを閉めておくべきです。もしシャッターがない場合、台風の強風で飛ばされた物が窓に飛んできて、窓ガラスが割れる可能性があります。

 

 

窓ガラスが割れる原因の多くは、家の周りに置いてあるものが強風で飛ばされて窓ガラスを直撃するからです。シャッターがないと台風のときに窓ガラスに直接物があたってしまい、窓ガラスが割れやすくなります。窓ガラスが割れるとガラスの破片や雨が強風と共に、部屋の中に入ってきてしまいます。

 

 

窓をシャッターが守ってくれる!

強い風が吹くと、まわりの物を巻き込んで思いがない方向へ飛んでくる可能性はじゅうぶんにあります。そのとき、運悪く窓ガラスに直撃なんてことも…。シャッターがないと、強風で物が飛んできた時に窓ガラスが割れやすくなり、お部屋がガラスの破片や雨で濡れてしまいます。このような被害を受けないために、シャッターは台風から窓ガラスを守ってくれるのです。

 

 

窓ガラスが割れる原因には、家の周辺に置かれている物干しざおや植木鉢のような日用品が飛ばされる、というケースが多いです。台風が来そうな時は、これらの日用品をガレージの中にしまうなどの対策も必要となります。台風の被害にさらされないためにも、シャッターを閉めて日用品が飛ばされないようにしましょう。

 

 

台風前にシャッターをしっかり確認しておこう!

台風前にシャッターをしっかり確認しておこう!

 

 

台風が来た時にシャッタ―がきちんと閉まるようになっていないと、強風でシャッターが飛ばされるケースもあります。台風の季節がやってくる前に、シャッターに異常がないか確認しておきましょう。

 

 

「キーキー」「ガラガラ」など異音はしないか?

シャッターを開ける時、開けにくく感じることはありませんか?また「キーキー」「ガラガラ」といったような異音はしないでしょうか。シャッターを巻き上げるためのスプリングは使っていると、年々劣化していきます。このような音が聞こえてきたら、もしかしたらスプリングが弱っているかもしれません。

 

 

シャッターの開閉が重く感じないか?

無理矢理開けるなど荒っぽい使い方をしていると、シャッターの板そのものが変形してしまうこともあります。またシャッターの板とレール部分が擦れて劣化してしまうこともあります。

 

 

シャッターが重いと感じたら、レールの砂ぼこりなどを取り除いた後、シャッターのスプリングや左右の溝にシリコンスプレーなどを塗っておきましょう。このようなわずかなメンテナンスをすることで、開けやすくなることもあります。

 

 

台風時はシャッターが壊れないように対策をしよう!

台風が来た時にシャッターに異常があると、強風で壊れてしまうことがあります。万が一の時にシャッターが壊れてしまわないよう、普段からメンテナンスをしておくことが大切です。

 

 

シャッターを補強してシャッターを守ろう!

シャッターを補強するために有効な手段として、「シャッターガード」を使うという方法はいかがでしょうか。「シャッターガード」はシャッターに簡単に取り付けられて、防犯や台風の破損を防いでくれる丈夫な杭のようなものです。

 

 

軽くてデザイン性も優れているので、女性やお年寄りでも取り付けが可能です。窓のシャッターや電動シャッター以外の一般的なシャッターであれば、取り付けられるようになっています。台風の強風からシャッターを守るだけではなく、防犯の効果もあるので、万が一の自然災害のみならず、日常生活を送る上でも役立ちます。

 

 

もし、シャッターが台風で壊れてしまったら…

もし、シャッターが台風で壊れてしまったら…

 

 

自然災害の影響は、予想以上の被害が出ることもあります。台風の被害が思ったよりも大きく、我が家のシャッターが壊れてしまったときはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

業者に依頼しよう!

シャッターの板自体が変形した時は、なかなかご家庭で修理することは難しくなります。シャッターが壊れてしまったら、シャッター修理の業者に交換を依頼しましょう。シャッターをはめる左右の溝が変形してしまった時も、同様に交換が必要になります。

 

 

シャッターは劣化すると重たくなるので、どんどん開けにくくなってしまいます。開かなくなったまま放置してしまうと、将来的に事故を引き起こすことにもなりかねません。もしシャッターが壊れてしまったら無理せずに業者に修理や交換を依頼しましょう。

 

 

よい業者を選ぶコツとは?

シャッター交換の業者を選ぶ時は、まず複数の業者に見積もりを取ってもらい、作業内容の説明を事前にしっかりと受けましょう。ホームページなどを調べれば、施工内容が掲載されていることがあります。依頼したい業者の施工には、どのようなシャッターが使われているのかも確認しておくと安心です。

 

 

また業者が発信する情報だけではなく、実際に施工をしてもらったお客さんの口コミを知っておくことも大切です。良さそうな業者だけれど、実際お客さんの反応はどうなのかということが分かれば、依頼するかを決める決定的な判断材料になるでしょう。ぜひ優良な業者を選んで、納得のいく施工をしてもらいましょう。

 

 

まとめ

秋は日本の四季の中でも爽やかですがすがしく、とても過ごしやすい季節です。しかし同時に、大雨や強風が荒れ狂う台風の季節でもあることを忘れてはいけません。台風自体が窓ガラスを割ることはありませんが、強風で飛ばされた物が窓ガラスにあたり、破損させてしまうこともあるのです。雨戸が少なくなった今日、窓ガラスを守るためにはシャッターがその役割を果たしています。

 

 

しかしシャッターに異常があると、台風が来た時にシャッターを破損させてしまうことも。自然災害に備えて、普段からシャッターの異常がないかチェックしておくことが大切です。定期的にご自宅のシャッターのメンテナンスを行い、いざ台風が来ても慌てないで対応できるようにしておきましょう。

 

 

台風の影響を受けやすい地域にお住まいの方は、ぜひ今回の記事をご参考に、シャッターで大切なマイホームを守っていただければ幸いです。

 

 

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。