コラム

開閉ボタン使用中には充分な注意を

たくさんの住宅や建物で見かけるシャッターは 防犯性を大きく高める役割を果たしますので、 無くてはならない装置だと言えます。 でも、どんな物もそうですが、 役に立つ物であればあるほど危険性も含まれているんです。 今回は、電動シャッターに取り付けられている開閉ボタンについてご説明いたします。 ご存知のように、電動シャッターは開閉ボタンで操作することができるので、 手動で開閉する手間が省けます。 でも、開閉ボタンを操作中キチンと周りの確認はされていますか? 例えば、シャッターを降下させている時に開ボタンを押してもシャッターを上昇させることができません。 なので、もしシャッターが閉まる直前に人がシャッターの下をくぐり抜けようとすると、 その人がシャッターに挟まれるという事故が起きる可能性が高いのです。 それに、その事故でシャッター自体が曲がってしまう可能性も考えられます。 もちろん、その人が怪我をしているかどうかが一番重要ですが、 曲がったシャッターを使い続けることができないので、 シャッター修理専門の業者に依頼する必要があります。 現在シャッターをお使いになられている方や、 これからシャッターの取り付けをご検討されている方も、 上記のケースについて充分注意をするようにしましょう。 皆さんが注意力を高めていただければ、それだけシャッターによる事故も軽減しますし、 シャッターの修理をする必要性も軽減できるというものです。 とはいえ、もちろん完全に防げるというわけではありません。 上記以外でもシャッターが壊れるケースは多分にありますので、 もし、シャッターが壊れてしまった方がいらっしゃいましたら、 お早めにシャッター修理の専門業者までご相談することをオススメいたします。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。