コラム

シャッター交換時の注意

シャッターは大きな開口部の閉鎖機構として有効です。例えば店舗の玄関、ガレージの開口部、倉庫の入り口などで使われることが多いですね。例に挙げたように、シャッターは主に外部の開口部に設けられることがほとんどです。従って長い間使用していると、雨による錆や、風による歪など天候によって劣化が出てくるものです。シャッターは大きな鋼材の板のようなものだと考えると、壊れて倒れたり、風に吹き飛ばされたりすると大きな事故になる可能性があります。ですから、不具合が出てきたら早めに修理や交換をすることをお薦めします。ところでシャッターを交換する時には一つ注意があります。シャッターも建物の一部、法律上「建具」として評価されています。そのため、建物を建てる時の法的規制、特に消防法を考慮して設置されている可能性があります。その際、開口の大きさ、材質、開閉方法などが関わってきます。従って、交換後に開口の大きさを替えてしまったり、電動シャッターでも手動開閉が不可なシャッターとしてしまったりすると、違法な建物となってしまう場合があるので注意が必要です。そのためシャッターを交換する時は、シャッターの専門業者或いは建築士に十分に確認を取ることが重要です。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103