コラム

さまざまな種類がシャッターにはあります。

シャッターと言うと、主によくお店の入り口などで使われている横ヒダが入ったものを想像される方が多いかと思いますが、実際は、シャッターには多くの種類があるのです。 一般的なシャッターの種類は、重量シャッター、軽量シャッター、オーバーヘッドドア、高速シートシャッター、窓シャッター、等があります。それらの種類の他にも、開閉方式や、デザインを重視したシャッターなどがあります。 なぜさまざまな種類のシャッターが作られているのかと言うと、シャッターによって用途が異なるためです。重量シャッターは外や内側からの火災を食い止めたり、防犯効果に期待して、倉庫や店舗に使われることが多いです。 オーバーヘッドドアは面積の割に素早く開閉ができるので、消防車の車庫にも使われています。 高速シートシャッターは、それほどシャッターとして、内側を守ってくれる力は強くありませんが、空間を間切するためによく工場などで活用されています。 重量シャッターは先述したとおり、建物の内と外を区切り、延焼を防いだり、大きくシャッターとしての役割に期待できますが、他にも、侵入者を防いだり、天候による災害から建物の中をまもる役割もあります。 シャッターは建物の中で初めにその建物を守ってくれる役割を持っています。ですので、より防犯性に優れた安心できるシャッターを選びたいですよね。 「どのシャッターも同じだ」とは思わず、しっかりと用途に添ってピッタリのシャッターを選びましょう。しかし、そのようなシャッターは一度壊れてしまうと素人では直すことはできません。なるべく壊さずに使うことが大切ですが、年数とともに作りが崩れてきてしまうことはしかたのないことです。 そのような時には、ぜひシャッター110番にシャッター修理をご依頼ください。ランニングコストで考えれば、買い換えるより修理に出すほうがはるかにお得です。 大切なシャッターを長く使うためにも、シャッターの調子が悪くなったら、一度、専門業者に見て確認してもらうようにしましょう。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます