コラム

防火シャッターの目的や仕組みとは?点検が必要な理由についても解説

防火シャッターとは

 

「火事が起きたときのために、防火シャッターを取り付けたい。でも防火シャッターにはどんなものがあるのかわからない。」と思う方もいるのではないでしょうか。防火シャッターは私たちの生活の近くにあるものですが、普段意識することはないですよね。

 

防火シャッターは防火設備のひとつで、ある一定の大きさの建物では、火事に備えて設置が必要です。このコラムでは、防火シャッターについて詳しくご説明します。

 

 

 

防火シャッターとは

防火シャッターの目的と役割

防火シャッターとは、建物で火事が起きたときに、炎を閉じ込め、他の場所へ火が燃え移らないようにするためのシャッターのことです。

 

炎を閉じ込めるためには、相当な耐火性が求められます。そのため、防火シャッターは一般的なシャッターと比べると、かなり厚い構造になっています。

 

防火シャッターの種類や機能

防火シャッターには、自動式と手動式の2種類があります。

 

防火シャッターの自動式とは

自動式の防火シャッターは、煙探知機がついていて、煙を探知したときには自動でシャッターが下りてくる仕組みになっています。

 

防火シャッターの手動式とは

手動式の防火シャッターは、火事の際に自動でシャッターが下りることはありません。手動閉鎖用のボタンなどを押すことによってシャッターが下りてくるタイプが多いです。

 

防火シャッターと店舗シャッターの違い

防火シャッターと店舗シャッターは、見た目は似ていますが、目的が違っています。ですから、建築基準法により、さまざまな条件が定められています。煙感知器と連動して、自動的に閉鎖されるタイプが多く、炎を遮断するために厚みを持っています。

 

店舗シャッターとは

店舗シャッターとは、建物の防犯を目的としたシャッターです。火災時に自動で開閉する機能はありません。また、火災時に炎を遮断する性能も持っていません。防火シャッターと比べると一般的に厚みが薄くなっています。

 

防火シャッターの閉まり方と注意点

防火シャッターの閉まり方と注意点

 

防火シャッターは、火災が起きた場合に自動でシャッターが下りてくる仕組みになっています。また、停電してしまった場合にもシャッターが閉まるように、電気やモーターではなく、シャッター本体の重みによって下がってくるようになっています。

 

防火シャッターは火災時にきちんと閉まる構造になっているので安心である一方で、避難する場合などには注意が必要です。シャッターの下にどんなものがあっても下りてしまいます。

 

ですから、避難時には防火シャッターの下は絶対にくぐってはいけません。過去には避難時に防火シャッターの下に挟まれて命を落とす事故も発生しています。

 

防火シャッターの近くには、防火シャッターが閉じた後に避難するための非常扉が設置されていることが多いので、慌てずその扉から外へ出るようにしましょう。

 

防火シャッターはどこに設置するの?

防火シャッターは、「防火区画」に設置されます。防火区画とは建築基準法に定められた区画で、火災時に火炎が燃え広がるのを防ぐためのものです。

 

防火区画は、耐火構造のシャッターや壁などで囲われた区域です。その区画からは火事が広がらないように定められています。

 

防火シャッターは、防火区画内のエレベーター・エスカレーター・階段・吹き抜け部などの近くに設置することによって、他の階からの延焼(燃え広がり)を食い止める役割を果たしています。

 

防火シャッターは定期的な点検が義務づけられている

防火シャッターは定期的な点検が義務づけられている

 

建築基準法の改正について

火災報知機の点検はこれまでにも義務づけられていましたが、防火シャッターの点検は義務づけられていませんでした。ですから、多くの場合、任意で定期点検が行われていました。

 

しかし、防火シャッターの不具合により、火災時に防火シャッターが降りず、火災の被害が広がってしまうという事例が多くあり、2016年6月1日から、法律が改正されました。現在は防火シャッターの定期点検が義務づけられています。

 

点検スタッフには、「防火設備検査員」の国家資格が必要です。ですから、資格保有者のいる業者に防火シャッターの点検をお願いする必要があります。

 

対象になる建物や設備

主な指定対象は、以下のような多くの人が集まるような場所です。

 

・劇場、コンサートホールなど

・病院・宿泊施設など

・ゲームセンター・ボーリング場・プールなど

・ショッピングモール・飲食店など

 

このほかにも、地域の実情に応じて自治体が指定した建物も対象となります。

 

点検箇所

建築基準法の改正により、防火シャッターの定期点検が義務づけられましたが、具体的にどのような点検を行うのでしょうか。

 

防火シャッターの周辺をチェック

まずは、防火シャッターのまわりの状況をみます。防火シャッターの周辺に、障害物が置かれていないことを確認します。

 

駆動装置をチェック

いざというときに、防火シャッターがスムーズに下りてくるように、ローラーチェーンやワイヤーロープなどを細かくチェックします。最も大事なところなので、部品などが破損していれば必ず修理が必要です。

 

連動機能をチェック

自動式の防火シャッターの場合は、煙探知器が作動しないと、シャッターが下りてきません。ですから、煙探知機自体の確認と共に、連動してシャッターがきちんと硬化するかどうかを確かめます。

 

まとめ

防火シャッターの目的や仕組みはご理解いただけましたでしょうか。

 

防火シャッターは、いざというときに火事から人の命を守る重要な役割を果たします。そのため、定期的な点検が義務づけられているのはありがたいことですね。

 

火事が起こった場合、避難経路で火事以外の事故や怪我があってはいけませんし、火事の被害をできるだけ少なくしたいものです。そのための点検はしっかり行う必要がありますね。

 

また、防火シャッターの点検には、国家資格である「防火設備検査員」の保有が必要です。

 

防火シャッターを設置するときには、設置後の定期点検があることも考慮に入れてシャッター選びや業者選びをしていく必要があります。

 

点検を受けたい場合や、不具合の心配がある場合は、シャッター修理だけでなく点検もしっかり行えるプロの業者に相談するのがよいでしょう。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます