コラム

防火シャッターについて

防火シャッターは、商業施設や地下街などに設置されるシャッターの一種で、火災の際に煙や炎が広がるのを防ぐ役割があります。 防火シャッターの歴史は古く、まずは1906年のサンフランシスコ大地震にまで遡ります。
この際に、ビルなどに設置されていたスチール製のシャッターによる火災の延焼防止効果が分かり、防火シャッターとして設置が進んでいきました。
日本では明治時代に入ってから海外から持ち込まれたシャッターが使用されており、設置の第一号は東京の日本銀行本店の出入り口などに設置されたのが最初の物です。
その後国産シャッターの製造会社が設立され、現在でも国産シャッターは作り続けられています。 その後昭和期に入り、市街地の建築物に対して法律が制定されました。この際にシャッターは初めて法律で設置に関する基準などが設けられる事になりました。
その後、火災に関する法令も整備され、そこで初めて防火シャッターの設置に関する文言も盛り込まれました。
現在でも防火シャッターの性能は向上を続けており、火災を検知して自動で降りてくるようになっているものなどもあります。
法令で義務付けられている場合はもちろん、もしもの場合に備えて設置をご検討されてはいかがでしょうか。
長い歴史の裏打ちされた確実な防火性能が、最悪の事態を防ぐ可能性があります。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます