コラム

窓にシャッターを付けるメリット!価格相場やリフォーム時の注意点も

窓にシャッターを付けるメリット!価格相場やリフォーム時の注意点も

窓にシャッターを取り付ける必要はあるのか、迷っている方は多いかと思います。シャッターは台風対策や防音・防犯・断熱などさまざまなメリットがありますので、設置することをおすすめします。

それに加えて近ごろでは、シャッターには新たな機能が増えているため、より便利で豊かな暮らしが送れるでしょう。

このコラムでは、窓にシャッターを設置するのを迷っている方に向けて、シャッターを取り付けるメリットや最新型のシャッター事情のご紹介をしています。さらに、シャッターを取り付ける際に気になる費用についても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

窓にシャッターを取り付けるメリット

窓にシャッターを取り付けることによってどのようなメリットがあるのか、順番に見ていきましょう。

1.窓ガラスを守る

シャッターを取り付ける第1のメリットは、台風や強風から窓ガラスを守ることです。最近の窓ガラスは頑丈に作られているため、台風の影響で窓がまるまる吹き飛んでしまうということはなくなりました。しかし、強風によって飛んできたものが窓に当たってしまった場合は、ヒビができたり割れてしまったりするおそれがあります。

窓ガラスが割れてしまうと風や雨が部屋のなかに吹き込んでしまうだけでなく、ガラスが飛び散ることによってケガをする危険があります。ガラスは、割れてしまうと鋭利でとても危険です。台風や強風のときには、シャッターで窓ガラスの保護ができたら安心ですよね。

2.断熱効果がある

窓ガラスは熱を通す特徴があるため、窓の近くにいると夏は暑く、冬は寒いと感じることでしょう。空調を調整していても、窓から外気の影響を受けてしまうと効き目が悪くなってしまうことがあります。

そんなときには、シャッターを閉めることによって断熱効果が上がり、部屋の温度を一定に保ちやすくなるのです。効率よく空調を使用できるため、光熱費の節約にもなります。

3.騒音・音漏れを防ぐ

外からの音は窓から入るとされていますが、シャッターを閉めることで、音が入りにくくすることができます。最近は、防音効果を意識したシャッターも作られているのです。たとえば夜勤などで昼間に睡眠をとりたいという方や、日中の工事の音が気になるというときには、シャッターを閉めることで緩和されるでしょう。

4.防犯対策になる

空き巣や泥棒の侵入方法としては、ガラス破りが上位に挙げられています。ドアの鍵破りに比べてガラス破りは圧倒的に多いです。窓のシャッターを閉めておけば、侵入にはシャッターの破壊が必要となるため、時間がかかるうえに音も気になります。

空き巣は侵入に5分以上かかる場合には、およそ70パーセントもの確率で侵入を諦めるといいます。シャッターを閉めておくことは、抑止効果が期待できます。

5.通気性と防犯性を両立させることもできる

従来のシャッターであれば、閉めると真っ暗になってしまい、一切日の光や風を通さないという印象があるかと思います。しかし、最近ではスリットシャッターといってすだれのような形状をしたシャッターもあるのです。網戸では防犯面で不安であっても、スリットシャッターなら防犯対策しながら風を採り入れて快適に過ごすことができます。

機能性の高いシャッターを採り入れれば、従来ではできなかった方法ができるようになったり、より利便性が高くなったりすることにより、生活を豊かにできます。

最新のシャッターを色々チェックしてみると、シャッターに対する印象も変わることでしょう。次の項目では、さまざまな機能性シャッターを紹介していますので、参考にしてみてください。

最新のシャッター事情!採風にスマホ操作も

最新のシャッター事情!採風にスマホ操作も

シャッターといえば、「開け閉めが面倒」「動かすたびにガラガラガラと音を立てる」などよいイメージを持っていない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最近のシャッターはそんなわずらわしさはなくなりました。ここでは、便利になったシャッター事情について解説します。

最新のシャッターはこれまでとは違う!

シャッターは開け閉めが面倒くさいと感じている方は、最新型であればわずらわしさを感じずに使用できるかもしれません。

最近のシャッターは、スムーズに開け閉めできるように設計されています。そのため、音も抑えられ、最小限の力で使用することができるのです。中には、電動タイプのシャッターもあり、開閉の操作をボタンひとつでおこなうことができます。

シャッターを快適にする最新の機能

使用性の良さだけでなく、さらに機能的なシャッターも出回っています。シャッターを設置することで快適な生活も手に入れることができるのです。

・リモコンで操作可能
電動式のシャッターならリモコンのボタンで操作ができます。開閉する作業がなくなるだけでなく、窓を開けなくてよいことから冬の寒い日でも部屋に冷気が入らず、夏に外から蚊などの虫が入ってくることもありません。停止ボタンもあるので、途中で止めて日よけとして使用することも可能です。

・開閉時間をタイマーで設定できる
電動式であるため、毎日同じ時間にシャッターを閉めたいというときにはタイマー予約をしておくことができます。夜間などに閉め忘れてしまうことがないため、とても手軽です。

・スマートフォンと連動して開閉できる
スマートフォンに専用のアプリケーションを入れることで、家のなかに限らず外出先でもシャッターの開閉をすることができます。台風の来る日などにシャッターを閉め忘れて外出してしまっても安心です。

・風を通す採風タイプ
スリットシャッターといわれ、シャッターに穴が開いているため風や日差しを通すことから、日中の使用ができます。この場合には、シャッターを下ろしてから窓を開けることで網戸変わりにもなるため、1階の部屋で網戸では防犯性に不安があるというときには最適です。

希望に合うシャッターを選ぶ方法

さまざまな機能の備わったシャッターが揃っていますが、シャッターはおもに、「手動シャッター」と「電動シャッター」に分けられます。

手動シャッターは、比較的に安価で設置することができます。自宅にシャッターを採り入れてみたいという方におすすめです。停電のときにも難なく使用できることや、電動のように精密機器ではないため、お手入れもしやすいです。

いっぽう電動シャッターは、開閉を電動でできることから、お年寄りから子どもまで手軽に使用できます。窓を開けずに開閉できるため、外気が入ってきて部屋の温度が変わったり、窓から虫が入ってきりすることがありません。ただし、大掛かりな装置となりため、手動より費用はかかってしまいます。

欲しい機能があっても、予算に限りがあるという場合もあるかと思います。そのようなときには、プロに相談するとよいアドバイスがもらえるかもしれません。

窓シャッター取り付けの費用相場

窓のシャッターの機能性が把握できたら、導入する際に次に重視したいのは費用でしょう。シャッターの費用は、窓の大きさや手動・自動などによって大きく異なります。そのなかでも、よく使用されるシャッターの費用相場をご紹介します。

手動シャッターの費用相場

手動シャッターは、比較的安価で設置することが可能です。80,000~150.000円ほどが相場となります。大きな窓であったり、そのほかの機能性の高いシャッターだったりする場合には費用が変動する場合があります。

電動シャッターの費用相場

電動シャッターを取り付ける場合には、300,000~400,000円ほどが費用相場となります。電動シャッターは、シャッターの設置だけでなく電気の配線工事をすることになり、その工賃が別途かかります。

シャッターの取り付け費用は窓の高さがポイントに

シャッターを取り付ける際には、窓の大きさによって費用が異なります。とくに、窓の横幅ではなく、高さが価格に影響していることが多いです。高い位置にあって設置の際には足場が必要となる場合には、足場の設置費用や人員が必要となってしまうため、費用が上がる傾向があるようです。

また、依頼する業者や設置するシャッターの種類によっても費用は大きく変わってきます。詳しい料金を把握したい場合には、業者に見積りをしてもらいましょう。

シャッターを取り付けるときの注意点

シャッターを取り付けるときの注意点

シャッターを取り付ける際には、注意すべき点があります。賃貸物件の場合には勝手に取り付けてしまうと管理会社とトラブルになってしまうことがあります。ほかにも、窓の形によっては取り付けが難しい場合があるのです。

マンションや賃貸物件の場合は要相談

マンションや賃貸物件は、勝手にシャッターを取り付けるとトラブルの原因となってしまうことがあります。たとえ分譲のマンションであっても、窓の外や壁部分は共用部分と定義されていることが多いため、管理組合などに設置の相談をする必要があります。

賃貸物件の場合には退去時に「原状回復」を求められることがあり、許可なしに取り付けたものは取り外し費用を請求されてしまうことがあるのです。シャッターを取り付けたいときには、あらかじめ管理会社に相談しましょう。

窓の形状によってはリフォームが難しい

シャッターは重量があるため、家の造りによってはシャッターの後付けが難しい場合があります。しかし、最近では軽量化されていることから、メーカーによっては可能であったり、難しい場合にも内側に取り付けるタイプがあったりします。シャッターの取り付けがむずかしいかもしれないと感じたときには、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社では、全国の加盟店のなかからお客様のご相談にそった業者を紹介することができます。設置できるのか不安というときには、現地での見積りも可能ですので、お気軽にご連絡ください。

まとめ

窓のシャッターは取り付けられていると、台風や暴風からガラスを守るだけでなく、断熱効果や防犯効果など、さまざまなメリットがあります。

従来のシャッターでは、重くて使用しづらいという印象があったかもしれません。しかし、最新式のシャッターであればリモコンひとつで操作することができ、さらには外出中にもシャッターを操作したり、タイマーを使用したりとさまざまな使い方ができます。

シャッターの取り付けを検討している場合には、業者に現地の見積りを依頼してみることをおすすめします。ご自宅に最適なシャッターを設置して、快適な毎日を送りましょう。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

メディア情報

メディア情報写真

朝日新聞デジタル2019/7/23 掲載

「何でも屋さん、問合せ70万件メールで即駆け付け」

日刊工業新聞2019/7/5 掲載

「新サービスで勝つ/シェアリングテクノロジーGPS使い成約率アップ」

KBC九州朝日放送2019/5/21 放送

FOR YOU

テレビ朝日2019/5/7 放送

ワイドスクランブル

日経産業新聞2019/3/26 掲載

「困りごと解決-140種対応「アマゾン」目指す、個人同士の基盤作りも」

読売テレビ2018/9/19 放送

かんさい情報ネットten.

BSジャパン2018/8/16 放送

日経プラス10

テレビ番組や新聞に当社事業やサービスについて取り上げられました。

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます