コラム

窓シャッターは本当に必要!?窓にシャッターを付ける利点・注意点

窓シャッターは本当に必要!?窓にシャッターを付ける利点・注意点

 

「窓にシャッターを取り付けるか迷うけど、本当にいるのかな?」など、窓にシャッターは必要かどうかで悩んではいませんか?シャッターは暴風対策として使われることが多いですが、実はメリットはほかにもたくさんあります。

 

そこで今回は、窓のシャッターの必要性について具体例を挙げながら紹介していきます。シャッターを付ける際に気を付けなければならない注意点も解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

窓にシャッターが必要なとき

窓にシャッターが必要なのかどうか、新築の家を購入する際に悩むことがありますよね。昔の雨戸が今のシャッターにあたるものですが、昔は「ガラス窓がなかった時代に雨をしのぐためのもの」、「強風や雨から建物を守るためのもの」という用途でしか使われていませんでした。

 

しかし、現在の建築技術ではしっかりとした窓があるので、雨戸を取り付けなくても雨や風で窓が吹き飛ぶということはありません。では、窓にシャッターが必要だと感じるのはどんなときなのでしょうか。

 

防犯対策を強化

警視庁の調べによると戸建ての場合、空き巣や泥棒の侵入方法としてガラス破りが上位に挙げられ、ドアの鍵破りに比べて圧倒的に多いのが現状です。窓シャッターがあれば、侵入が困難になり泥棒から敬遠されやすくなります。

 

ただし、シャッターが閉まっているからといって泥棒を完全にシャットアウトできるという保証はありません。防犯をより強化したい場合は、監視カメラも取り付けるなどの工夫する必要があります。

 

ものが飛んできた場合窓が割れることを防ぐ

最近の窓ガラスはとても頑丈につくられていて、台風がきたところで「窓がまるまるふっ飛んでしまった」ということもまずなくなりました。しかし、強風で飛ばされたものが窓にぶつかってきた場合、ひびが生じて破損することは十分に考えられます。転ばぬ先の杖として、窓シャッターを取り付けるのもよいでしょう。

 

保温・防音効果を高める

防犯目的以外にも、「部屋の温度を保って光熱費の節約に役立てる」という目的で窓シャッターを取り付けることもあります。夏の強い直射日光をおさえ、クーラーの効きをよくする。冬は窓からの寒気を防ぎ、部屋の温度を逃がさないという効果があります。

 

また、夜勤の仕事をされている方は昼間の工事音が気になって眠れないこともあります。子供が遊ぶ声や夏場のセミの鳴き声でテレビの音が聞こえない、といったこともシャッターを閉めることで緩和されます。

 

窓にシャッターを付ける際の注意点

窓にシャッターを付ける際の注意点

 

ここまでは窓にシャッターを付ける利点を紹介してきましたが、実は窓にシャッターを付けるときには注意しなければいけない点もあるのです。

 

賃貸だと導入は難しい?

賃貸物件の場合、「原状回復」といって退室時に現場を元どおりに復元することが条件になっている場合が多いです。そのため、せっかくシャッターを取り付けても、退室時にはまた取り外さなくてはなりません。まずは物件のオーナー様にシャッター取り付けの相談をすることが必須となります。

 

窓シャッターの取り付けが不可能な場合、内窓を付けるという方法で窓を二重にする方法があります。内窓はそのままで退居してもいいといわれるオーナー様も多いようです。

 

もっとも風があたる窓に設置する(大きい窓だけなど)

窓シャッターをすべての窓に取り付けるのが予算的に難しい場合は、「もっとも風があたると予想される窓」、「泥棒が侵入しやすい窓」、「大きい窓だけ」に限定することも可能です。

 

シャッターが設置されていない集合住宅も

ここまで窓にシャッターを付ける利点、注意点を紹介してきましたが、近年ではシャッターに変わる代替方法が取り入れられるようになってきました。

 

代わりにアルミサッシを設置

アルミサッシの普及により、シャッターがなくても雨風に十分に対応できるようになりました。アルミサッシとは、アルミニウム合金でできた窓枠です。さびに強く、軽くて加工も容易なので、窓枠のメイン建具として使用されることが多くなっています。

 

高層マンションなどの集合住宅でもアルミサッシだけで台風にも対応できています。万が一強風でものが飛ばされてきて窓にあたっても、飛散防止加工されている防犯ガラスが採用されていれば安心です。シャッターを取り付けるよりも費用が低くおさえられるというのもアルミサッシが普及した理由でしょう。

 

マンション、木造でも窓枠をアルミサッシにリフォームすることは可能です。最近窓があけにくい、網戸が引っかかる、などの兆候がみられる場合はアルミサッシに取り換えを検討されるのもよいでしょう。

 

いろいろな種類の窓シャッター

いろいろな種類の窓シャッター

 

ここでは昔ながらのシャッターから進化した、いろいろなタイプのシャッターをご紹介します。

 

外ではなく内側に設置するタイプ

これまで、窓シャッターは設置できる場所が限られていましたが、内側から取り付けるタイプの商品も出ています。これまで外側にシャッターを取り付けられなかった「出窓」、「勝手口」、「外開きの窓」、「ひさし付きの窓」なども内側シャッターなら取り付けが可能です。マンションの共用部分にかかってしまう窓なども、内側から取り付けることで問題解決できるでしょう。

 

日の光が差し込むシャッター

シャッターを閉めると防犯に対しての大きな安心感がありますが、部屋に光が差し込まず、風をとおすことができません。また、エアコンが苦手な方は夜寝るときに窓を開けたまま寝たり、エアコンをつけるほどでもない季節には外気を取り入れたりすることもあるでしょう。

 

そんな方には防犯の機能がありながら、ブラインドのような羽状のフラップがついたシャッターがあります。光や風をとおすことのできるシャッターなら、閉塞感も少なく快適に過ごすことができます。

 

雨戸は手動のシャッター

古い民家では、木製の引き戸を使い、外からは開けられないようになる雨戸を今でも使っています。これもれっきとした手動シャッターです。

 

窓シャッターの技術・性能は現在さらに上がっています。今後さらに省スペースで設置できるようになり、手動よりも自動シャッターが主流化していくことでしょう。今後も技術はどんどんと進化して、便利なシャッターが開発されていくでしょう。

 

まとめ

今回は、窓にシャッターを取り付けることを検討されている方に向けて、なぜシャッターが必要なのか、シャッターの種類、取り付けるときの注意点などをご紹介しました。

 

シャッターを付ける際には注意点もありますので、取り付けを決める前には、いちど業者に相談してみましょう。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • もり
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103