コラム

無理な力を加えないこと

シャッターのスラットは、主にアルミやステンレスなどで作られるものですが、無理な力を加えてしまうと、簡単に折り曲がってしまいます。 よくあるのが、車庫などで、中途半端にシャッターを上げた状態で車の出し入れをして、シャッターの下端に車を引っ掛けてしまった場合です。 また、シャッターを占めているにもかかわらず、開いていると思い込んで車を突っ込ませるというのも、案外無いわけではありません。 電動シャッターのように、自動でシャッターが開閉するものの場合でも、開ききるのを待たずに車を突っ込ませたりして、スラットを壊してしまう事例は後を絶ちません。 シャッターは中途半端に上げたままにせず、完全に上げるか、下げるかのどちらかにしておくと、これらの事故の予防になります。 下ろしたシャッターに物を立てかけたりすると、思わぬ破損の原因になることもありますので止めましょう。シャッターの破損だけでなく、立てかけていたものが倒れてしまうことが考えられます。 シャッターのスラットが曲がってしまうと、上げ下ろしが正常に出来なくなりますので、万が一曲がった場合は、すみやかにシャッターの修理が必要です。 当サイト、シャッター110番では皆様からのシャッター修理に関するご相談を、いつでもお待ちしています。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。