コラム

安全性を高める感知装置

「強風による飛散物を防ぐ」「空き巣などの侵入盗を防ぐ」など、シャッターの利便性については多くの人が知るところです。近年は電動シャッターや窓用シャッターなどの普及も進み、店舗や事務所などはもちろん、一般住宅でもシャッターの設置が進んできました。しかし、シャッターには「挟まれるかもしれない」という不安が付きまといます。手動なら途中で手を止めれば済みますが、電動の場合はどうなのでしょう。シャッターの開閉が非常に楽な電動シャッターですが、その安全性について不安を抱かれている方は多いかもしれません。
挟まれる危険を解消するために、電動シャッターには事故防止の感知装置をつけることが可能です。代表的なものとして「座板負荷感知式」と「光電管センサー式」の二つがあります。座板負荷感知式は、シャッターの座板が障害物に接触した際に停止する機能の事を言います。障害物が除けられるまでは、シャッターはそれ以上閉まろうとしません。光電管センサー式は、光センサーが障害物を検知している間停止する機能です。こちらも障害物が除けられるまで、シャッターは停止したままになります。
他にも、防火・防煙シャッター用の「危害防止装置」や、シャッターの劣化による急降下を防ぐ「急降下防止装置」などがあり、シャッターのメーカーは事故の防止に努めています。シャッターの設置にお悩みの際は、シャッターそのものだけでなく、これらの事故防止装置についてもよくご相談ください。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。