コラム

シャッターの耐用年数は何年

シャッターの耐用年数は何年ぐらいなのでしょうか?

出かけたいのに急に開かなかったり、いざ災害が起こった時に動かないなんてことがないようにシャッターの耐用年数をしっかり把握しておきましょう。

シャッターには50点以上の部品があり、部品それぞれに【設計耐用年数】と【設計耐用回数】の2種類が設定されています。 要求性能を維持する為には保守点検が必要になってきます。

重量電動式シャッター   約15年・約1万回
重量手動式シャッター   約15年・約2千回
高速シャッター      約15年・約1万回

上記のシャッターはあくまで一例であって目安になります。
この他にもたくさんの種類がありますしメーカーによっても違ってきますので一度ご自身で確認をしてみましょう。

そして大前提として、いくら耐用年数が長いからといっても定期点検は必ず必要です。日常的に管理されているシャッターであれば定期点検は年に1~2回と言われています。
いつまでも安心して使用できるように点検は忘れないようにしましょう。

点検や故障など何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。