コラム

シャッターの歴史

シャッターは侵入者を防ぐだけでは無く、防災性に優れている素晴らしい設備です。そんなシャッターは現在様々な場所に設置されており、我々の生活と切り離せない存在となりました。今回はそんなシャッターの歴史について少し紹介したいと思います。 シャッターの始まりは1837年頃にイギリスで作られた木製のシャッターがは始まりだと言われています。日本で最初にシャッターが設置されたのは、1896年に日銀の本店に設置されたものだと言われています。その後サンフランシスコで起きた地震の時にスチール製のシャッターの防火性能に注目が集まりシャッターへの感心があちこちに広がりました。 日本でも関東大震災が起こった時に、改めて防火性能に注目し、日本に広く普及されるようになったのです。ここから日本のあちこちにシャッターが広がり様々な建築物に使用されるようになり、目的や用途に合わせて研究と開発を重ね、進化してきました。 現在のシャッターは耐久性、防災性共に高い水準にある設備です。シャッターは建物の様々な場所に取り付けることが出来る設備です。シャッターを有効に利用して、建物に安全と安心をとり入れてみてはいかがでしょうか?

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103