コラム

シャッターの安全装置

私たちの暮らしを守ってくれるものの一つに、シャッターがあります。シャッターと聞くと店舗の出入り口に設置されているイメージが真っ先に思い出されますが、近年では自宅の車庫や窓にシャッターを設置する家庭もまた少しずつ増えています。その最大の利点は防犯性にあり、悪意を持った人間の侵入を防ぎます。他には火災の延焼を防ぐ防火シャッター、強い風雨を防ぐ窓シャッター、店舗の広告やデザインで目を引くシャッターなど、様々な形で利便性を持つシャッター。しかし使い方を誤れば、取り返しのつかない事故を起こしかねません。 シャッターによる事故で多いのは、人や物が閉まるシャッターに挟まれてしまうことです。シャッターは頑丈かつ重量があるため、降りてくる途中で頭をぶつけるだけでも大事故になりかねません。そうならないように、メーカーも対策を講じています。例えば電動シャッターでは、「障害物感知装置」を備えているものがあります。そのうちの一つが「座板感知式」で、シャッターの降下中に座板に障害物が当たると、シャッターが停止し、上昇する装置です。もう一つは、「非接触式」というものです。こちらはセンサーで障害物を感知し、センサー上の障害物が無くならないとシャッターが閉まらない方式です。また、万が一に備えた「急降下防止装置」というものもあります。チェーン外れなどの故障の際、シャッターの急激な落下を防ぐものです。 とはいえ、絶対の安心はありません。手動のシャッターではこうはいきませんし、安全装置もバッテリー切れや故障などで正常に作動しないこともあります。修理だけでなく、危険対策も含めて不安があれば、こちらのサイトからご相談ください。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。