コラム

シャッターの事故を防ぐために

様々なところで使われているシャッターですが、手動のものであっても、電動のものであっても、事故が起こる可能性はあります。実際に同じような事故が何度も起こっていることもあり、扱いには注が必要です。シャッターによる事故を防ぐためにはなにをすればよいのでしょうか。まず大切なことは、定期的なメンテナンスです。例えば、電動シャッターは、リモコンや壁のボタンで操作できるため、事故が起こる可能性は低いように思えますが、実際にはそんなことはありません。メンテナンスを怠ったことにより、事故が起こったことは何度もあります。電動シャッターには、地面との間にものや人が挟まらないようにセンサーが設置されています。しかし、このセンサーが壊れていることに気づかずに使い続けた結果、シャッターと地面の間に挟まれたというケースがあります。電気で操作できるからといって、事故が起こらないわけではないのです。また、手動シャッターにおいても同じことがいえます。手動シャッターの場合は、定期的なメンテナンスもそうですが、寿命もしっかり視野に入れなければなりません。寿命の過ぎたシャッターを使っていた方が、シャッターを上げようとしたら、上がりきらずに落ちてきたというケースがありました。これは、シャッターを巻き取るためのスプリングが破損していたためにうまく巻き取りができなかったために起きたといわれています。電動でも手動でも挟まれれば怪我だけではすまないこともあります。安全に使うには定期的なメンテナンスや、交換が必要なのです。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。