シャッターのお手入れをしよう! | シャッター修理:12,000円~&日本全国対応|シャッター110番

コラム

シャッターのお手入れをしよう!

断熱性を高めたり、結露を防ぐ役割を持つシャッター。また、防犯の役割も担っており、街中やご家庭で見かける機会は多いです。ですが、シャッターは一度設置すればずっと使えるわけではありません。長く使っていれば、メンテナンスが必要ですし、何かの拍子で壊れてしまうこともあるでしょう。今回は、シャッターのお手入れの方法をご紹介します。お手入れといっても難しいことはありません。ただ掃除するだけです。シャッターの表面には、さまざまな汚れが付着しやすいです。砂埃などの汚れを付着したまま使用していれば、汚れがレール部分に挟まってしまい、正常な動作を行えない場合や、異音の原因となります。ですから定期的に、もしくは強風であった日の翌日などに掃除しましょう。やり方としては、まず水をかけ、ある程度の汚れを落とします。この作業を行わないとシャッターに傷がつきやすいのですが、注意点があります。電動式の場合、ケース内部に水が入ってしまうと故障の原因となりますので、注意して行ってください。大きな汚れを落としたら、スポンジなどで洗い、水気をふき取り、シリコンスプレーをかけておけば、開閉がスムーズになるでしょう。また、ガイドレール部分も掃除しておくと、よりスムーズになると思われます。以上になりますが、このお手入れだけで全てのシャッターの不具合や故障を防げるわけではありません。老朽化や、電気系統の故障といったものは、どうしても起こってしまうもので、一般の方で、そうした部分のメンテナンスや修理を行える方は少ないかと思います。ですから、ご自身で、出来る部分は行い、そうしたところに何かしらの問題が発生した場合は、シャッター修理を行っている業者に依頼したほうが良いと思われます。もし業者選びで迷っていたら、当サイトをご利用いただければ幸いに存じます。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。