コラム

サビにご注意

新しいシャッターではサビ止めのために塗装をされていたり、錆びにくいステンレス、もしくはアルミなどの表面を特別な処理で加工することで錆びにくくしている素材が使われていることが多いです。 基本的にシャッターは、家の外で日光、風雨にさらされ続けるものなので、こうした自然環境の中でもクォアレたりサビたりしない耐久性の良さが必要です。 これを耐候性と言いますが、耐候性が低いと直ぐにサビたり穴が開いたりして、シャッターとしての機能を果たさなくなります。 また、錆びたシャッターはシャッター同士が擦れて、金属音が響きやすくなるために、早朝や深夜の開閉時に近所迷惑になるのではないかと不安になる方も居ると思います。 既にサビてしまったシャッターについては、塗装をしなおしたりして再利用することも可能ですが、ここでは思い切って新品へ交換してみることをオススメします。新品のシャッターはそれまで使用していたシャッターよりも開閉が楽に行えることが多く、また静音性にも気を使っているので、音が大きくて開閉が不安という方にオススメです。 どうしてもそれらのシャッタ-は高いんじゃないかと不安に思われている方は、まずは一度、シャッターの専門業者に依頼して見積もりをしてもらうところから始めてみてはいかがでしょうか。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103