※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

山形県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

山形県に対するイメージとして多くの人が挙げるのは「食べ物がおいしい」「自然が豊かである」などです。確かに山形県は、他県に比べ土地が広大であることや県内を一級河川である最上川が流れていることもあってか、非常に豊かな自然を持っていると言えます。また他の特徴として挙げられるのが、「持家比率」と「自動車保有台数」です。先述の通り、山形県の土地は広大ですから、持家比率は75.5%(2008年)と高く、国内第4位の位置につけています。同様に自動車保有台数も93万8809台で国内第10位と高めの位置づけです。なお自動車保有台数については、人口100人あたりの保有台数が約83.01台となっています。このことからわかるのは山形における人々の自動車の需要は非常に高いということです。さて、持家の比率が高く自動車の保有台数が多い山形県ですが、もう一つ、大きな特徴があります。それは「降雪量の多さ」です。山形県は冬になると、東側に位置する奥羽山脈の影響で多くの雪が降ります。もちろん積もりますから、自動車をなんの対策もなくただ外においておくことはできません。そこで、山形県民の多くは自動車用にシャッターをとりつけます。そうすることで積雪によって自動車の発進が妨げられるのを防ぐのです。もしもまだシャッターを取り付けていない、または取り付けようと思っている人がいれば、ホームセンターなどで問い合わせてみるのがいいでしょう。新たにシャッターを取り付けようとするだけでなく、既存のシャッターに問題が発生している場合、つまりは壊れてしまったためになんらかの修理が必要と思われる場合にもまずは問い合わせてみましょう。シャッターを使用する人口が多いのですからそれらを修理したり、その他必要な工事をしたりする方面でも充実しているはずです。いろいろなタイプの製品がありますから自分で判断するよりまずプロに相談して判断をあおぎましょう。確実な方法で修理してくれることでしょう。

シャッター110番の山形県地域における対応エリアについて

  • 山形市
  • 米沢市
  • 鶴岡市
  • 酒田市
  • 新庄市
  • 寒河江市
  • 上山市
  • 村山市
  • 長井市
  • 天童市
  • 東根市
  • 尾花沢市
  • 南陽市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。