※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

鳥取県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

現在は自動車中心の社会であり、非常に多くの家庭で自動車を保有しています。しかし雪や雨を防ぐため、また防犯のために住宅の車庫にシャッターを付けている家庭もかなり多くいらっしゃるかと思います。2008年の統計によると、鳥取県は住宅の持家比率は70%であり、全国18位とかなり高いことが分かります。またその鳥取県の自動車保有台数は46万5,947台、人口100人あたりの保有台数81.18台であり、全国15位とこちらも多いことが分かります。自動車を守るシャッターは、いつもメンテナンスをしておかなければ、作動システム部分が錆びてしまいシャッターが開かなくなることがあります。また非常に古くなると開閉などの動きが悪くなり、シャッターを下ろす事ができない場合もあります。最近は手動ではなく、自動で開閉するものが多くなっていますので、故障した場合には修理などによる費用がかかってしまいます。鳥取県は日本海側に位置していますので、特に海岸部では塩害地帯に指定されている地域も多くなっています。特に冬場には北西の季節風が強く、その潮風の影響で塩害も広がってしまいます。よって金属を使用する機械製品には特に日頃からのメンテナンスが重要です。市販されている潤滑スプレーなどをモーターなどに吹き付けるなどのメンテナンスはできますが、万一間違った使いかたをしてしまえば装置全体が壊れてしまい、修理することもできなくなってしまいます。その場合にはシャッター全てを取り外し、再度新しいものを設置しなければならず、たいへん大きなコストが発生してしまいます。やはり専門の業者とコンタクトを取り、日頃からなにか気になる点があればすぐに相談する、という姿勢が必要です。すべての装置が壊れてしまい修理が難しくなれば、新品への交換にもかなりの時間を要します。定期的なメンテナンスを行うと同時に、住宅のリフォームを検討されている場合は、あたらしいものへの交換も視野に入れておいたほうが賢明です。

シャッター110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。