※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

滋賀県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

持ち家比率と自動車保有数について、2008年の統計によると、滋賀県の持家比率は70.4%で、都道府県別では全国17位です。湖東には昔からの住宅地が広がっている一方、湖西や湖南に一戸建てを持って大阪や京都に通勤している方も多く、ベッドタウンの役割を果たしています。また滋賀県の自動車保有台数は102万3,661台で、人口100人あたりに換算すると約72.29台となります。これは全国で34番目に順位付けられた数値となります。持家で車を利用する人も多いことから、滋賀県ではシャッターの需要が高いと推測されます。シャッターのない車庫では雨風が吹き込み、車体の劣化が早く進んでしまうことになります。また特に都市部では、車を対象とされた被害に遭いやすいという可能性も高いので、防犯効果のあるシャッターは効果的です。他方、湖北地方や湖西地方には日本有数の豪雪地帯が含まれます。こうした場所では雪よけのためにもシャッターが有効です。ただし雪が付着して凍結し、故障することもあるため、必要に応じて修理が欠かせません。シャッターは車庫だけでなく、雨戸の代わりに窓に設置されることも多くなっています。電動タイプだと窓を開けずに開閉できるため、大雨や強風の日でも安心です。また力が要らず、ボタン一つで操作できるというメリットもあります。ただし故障した時の修理が大変で、費用も高くなりがちです。これに対して手動式は、停電のときでも関係なく使用できることや、電気代が必要ないこと、自分の力で素早く開閉できること等が利点です。普段の点検や修理も簡単なほうだと言えますが、経年劣化やサビには注意が必要です。電動と手動はどちらにも長所と短所があるので、設置場所や予算を考えて選ぶことが大切です。また手を挟んだり頭を打ったりする事故を避けるためにも、調子が変だと感じたら早めの修理を心がけましょう。当サイトシャッター110番では、シャッタートラブルを素早く解消するために24時間での対応が可能となっているため、定期的なメンテナンスや急な修理にもご利用ください。

シャッター110番の滋賀県地域における対応エリアについて

  • 大津市
  • 彦根市
  • 長浜市
  • 近江八幡市
  • 草津市
  • 守山市
  • 栗東市
  • 甲賀市
  • 野洲市
  • 湖南市
  • 高島市
  • 東近江市
  • 米原市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。