※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

宮城県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

宮城県の持ち家比率は60.8%で全国39位、人口100人当たりの自動車保有台数は、72.68台で全国33位となっています。宮城県は東北地方の中では最も鉄道が発達している地域ですから、車の保有台数がやや全国を下回る地域となっています。それでも10人に7人は自動車を保有、6割が持ち家ですから、自動車を大切にしている方の中にはシャッターを設置している方も多くいらっしゃることでしょう。シャッターには、自動車を様々なトラブルから守る役割があります。風害や雪害などの自然現象、盗難やいたずら、粉塵などの汚れをシャットアウトする効果もあります。その反面、シャッターは経年利用による部品や本体の劣化が起こり、修理が必要となるケースが少なくありません。東北地方に位置する宮城県では、冬の寒気や近年話題になっている爆弾低気圧による影響を受けることもあります。凍結や風によって、傷んでしまうケースがあることには十分注意が必要であり、シャッターなくして大切な自動車の安全は守れないと言えるのです。凍結に対しては、解凍をしっかり行ったうえで開閉作業をすることが大切です。お湯以外にも、市販のフロントガラスの解氷スプレーも便利ですから、利用すると良いでしょう。低気圧や台風といった風を伴う自然災害については、事前にしっかりと天気予報で情報キャッチをし、内側から補強材やブロックなどで補強し、被害を最小限に止めたいところです。凍結や損傷が起きた場合には、無理な開閉作業は行わないことが大切です。場合によっては大掛かりな修理や、交換が必要となることが考えられます。自然災害以外にも、長年利用していますと、異音が出るようになったり、開閉がスムーズに行かなくなることがあります。こうした場合には、例えば潤滑油を注油すれば治まるケースもありますが、部品が傷んでいるケースや何か障害物があるようなケースもあります。ですから可能な限り早い段階で修理業者を呼ぶことをお勧めします。シャッター110番では、シャッターの急なトラブルにもできるだけ迅速に駆けつけます。電話でのご相談は24時間365日行っておりますから、いつでもお気軽にご相談ください。

シャッター110番の宮城県地域における対応エリアについて

  • 仙台市青葉区
  • 仙台市宮城野区
  • 仙台市若林区
  • 仙台市太白区
  • 仙台市泉区
  • 石巻市
  • 塩竈市
  • 気仙沼市
  • 白石市
  • 名取市
  • 角田市
  • 多賀城市
  • 岩沼市
  • 登米市
  • 栗原市
  • 東松島市
  • 大崎市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。