※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

京都府の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

2008年の統計によれば、京都府の持家比率は60.8%で、都道府県別では40位となっています。東京都や大阪府と同様に、京都市という大都市が含まれているため、全体を平均した持家比率は低くなっていますが、丹後や中丹地域では一戸建てを所有するのが一般的となることから、比較的持ち家比率が高いのです。また京都府の自動車保有台数は134万1,686台で、人口100人あたりに換算すると約51.41台となり、全国順位は44位です。この理由として、京都市を中心に多くの公共交通機関が発達したことにより、保有台数の順位は低くなっていることが挙げられます。しかし、都市部を離れると、車がなければ生活できない地域が多数存在するため、都市部を離れた周辺地域では自動車の保有率が高まり、無くてはならない存在となってくるため、必然的に車の安全を考慮し、シャッターの需要は高まることが推測されます。京都府でも中部や北部は冬が寒冷で、大雪が降る地域も多いという特徴があります。このような場所では車庫のシャッターが故障を起こしやすくなります。凍結したシャッターが動かなくなったり、無理にこじ開けようとして部品を破損させたりするトラブルが見られます。また降雪や長年の使用によってシャッターが劣化し、スムーズに開閉できなくなることもあります。放置しておくと開きっぱなし、閉じっぱなしになってしまうので、早めに修理することが大切です。他方、京都市でも盆地のせいで冬は寒く、車庫の防寒は必要になります。また都市部では防犯や防火の目的でもシャッターが大きな役割を果たします。もちろん自宅だけでなく、店舗や事務所などでも活用されます。街中では騒音に敏感な人が多いため、大きな音がする設備は避けたいものです。また高齢者世帯には軽い力で動くものや、電動式のシャッターが適していると言えます。しかし電動式は部品の数も多く、万一故障したとき素人が修理するのは難しいというデメリットがあります。そのようなとき修理サービスの専門業者が役に立ちます。動きが重い、異音がする、途中で引っかかるなどのトラブルのほか、もっと使いやすいシャッターに取り替えたいといった場合にも、適切なアドバイスを提供してくれるでしょう。

シャッター110番の京都府地域における対応エリアについて

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区
  • 福知山市
  • 舞鶴市
  • 綾部市
  • 宇治市
  • 宮津市
  • 亀岡市
  • 城陽市
  • 向日市
  • 長岡京市
  • 八幡市
  • 京田辺市
  • 京丹後市
  • 南丹市
  • 木津川市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。