※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

神奈川県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

シャッターは住宅の車庫に多く採用されています。扉や柵の類が全くない車庫の住宅もありますが、シャッター付きの車庫だと防犯面が高く、風雨やゴミ、雪などの侵入から守れるメリットがあります。自動車以外にも自転車やバイク、庭仕事道具など、外に置いておきたいものをまとめて収納しておくことができます。地域にある車庫の数は、持ち家率や車の所有率と密接に関わっています。政府統計の総合窓口によると、神奈川県の2008年時点での持家比率は57.2%で、全国順位は43位になっています。人口が都道府県で第二位で多く、土地代が高い神奈川県の特色が見えます。自動車検査登録情報協会からのデータによると、神奈川県の自動車保有台数は400万3606台で、人口100人あたりの保有台数は約44.02台になっています。これは全国順位では45位で、神奈川県民は車の所有の割合が低いという特徴がわかります。都市部では鉄道による交通網が発達していて車なしでも便利に暮らせ、土地が高いため駐車場代が高く車の維持費が非常に高くなります。そのためのこの数字だということがわかります。賃貸物件でも駐車場つき物件は少なく、あっても駐車場代は高額になりがちです。都市部に多い狭小住宅や建売住宅の車庫は、1階のほとんどを占めているものが多く見られます。このような家では構造上、シャッターを付けるだけで防犯面を高められる家も多く存在します。車庫のシャッターはその他の門やゲートのようなものと比べ、複雑な構造をしているため故障のリスクも高くなります。最近ではリモコン操作で電動で開く商品も定番になっていますが、これはさらに電気系統のトラブルから故障する恐れもあります。トラブルを発見したら修理を早めにしたほうが、交換までしなければならないリスクを回避できます。シャッターの故障は、モーターの不調や経年劣化など、原因は様々ですが修理は自分ではなかなか行えないものです。専門の修理業者に依頼することが必要です。

シャッター110番の神奈川県地域における対応エリアについて

  • 横浜市鶴見区
  • 横浜市神奈川区
  • 横浜市西区
  • 横浜市中区
  • 横浜市南区
  • 横浜市保土ケ谷区
  • 横浜市磯子区
  • 横浜市金沢区
  • 横浜市港北区
  • 横浜市戸塚区
  • 横浜市港南区
  • 横浜市旭区
  • 横浜市緑区
  • 横浜市瀬谷区
  • 横浜市栄区
  • 横浜市泉区
  • 横浜市青葉区
  • 横浜市都筑区
  • 川崎市川崎区
  • 川崎市幸区
  • 川崎市中原区
  • 川崎市高津区
  • 川崎市多摩区
  • 川崎市宮前区
  • 川崎市麻生区
  • 相模原市緑区
  • 相模原市中央区
  • 相模原市南区
  • 横須賀市
  • 平塚市
  • 鎌倉市
  • 藤沢市
  • 小田原市
  • 茅ヶ崎市
  • 逗子市
  • 三浦市
  • 秦野市
  • 厚木市
  • 大和市
  • 伊勢原市
  • 海老名市
  • 座間市
  • 南足柄市
  • 綾瀬市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。