※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

兵庫県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

兵庫県の持家比率は2008年度で63.6%と全国36位、人口100人あたりの自家用車保有台数は54.57台で全国43位となっています。データを見る限り兵庫県ではシャッター修理の需要は少なそうですが、細かく見ていくと必ずしもそうとは言えません。兵庫県は東西にも南北にも広く、自家用車が生活に必須となる地域が多いという特徴があります。また北部や山間部には豪雪地帯があり、こうした地域では凍結によるシャッター破損も多く見られます。自動車を風雪による劣化から守るためにも、適切なシャッターの修理は欠かせません。一方、南部の住宅密集地帯でも、シャッターの修理や交換が必要となるケースは少なくありません。まず平地が比較的狭く、傾斜地が多いことから、車庫の前の道も斜めになっている場合が多く、そういった住宅の新築やリフォームには特殊な工事が必要となります。また狭小地に住宅が建て込んでいると、隣近所に対する騒音の迷惑を考慮しなければなりません。従来の重いスチール製では、開閉する音も大きくなるので、軽いアルミ製に交換する方もいます。軽ければ騒音が少ないだけでなく、操作が楽だというメリットもあります。兵庫県でも高齢化が進んでいるため、操作しやすい製品に人気が集まっています。電動式であれば、人の力はほとんど必要ないので、さらに使い勝手が良くなります。ただし故障の可能性も増えるため、定期的な修理や点検は大切です。人口が多ければ犯罪の発生率も高くなります。また単純にイタズラや、犬の糞尿などによる被害も多くなると考えられます。ですから防犯性能を考えた頑丈なシャッターが必要になります。このほか兵庫県の特殊事情として、阪神淡路大震災で建物に歪みが生じたり、地盤が沈下したりして、シャッターが次第に機能しなくなっているケースが見られます。こういった場合でも適正な修理を行なえば、スムーズに自動車の出し入れができるようになります。

シャッター110番の兵庫県地域における対応エリアについて

  • 神戸市東灘区
  • 神戸市灘区
  • 神戸市兵庫区
  • 神戸市長田区
  • 神戸市須磨区
  • 神戸市垂水区
  • 神戸市北区
  • 神戸市中央区
  • 神戸市西区
  • 姫路市
  • 尼崎市
  • 明石市
  • 西宮市
  • 洲本市
  • 芦屋市
  • 伊丹市
  • 相生市
  • 豊岡市
  • 加古川市
  • 赤穂市
  • 西脇市
  • 宝塚市
  • 三木市
  • 高砂市
  • 川西市
  • 小野市
  • 三田市
  • 加西市
  • 篠山市
  • 養父市
  • 丹波市
  • 南あわじ市
  • 朝来市
  • 淡路市
  • 宍粟市
  • 加東市
  • たつの市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。