※弊社受付の満足度調査より(2016年7月実施)

福島県の持家比率と自動車保有台数は?シャッター需要について

福島県では、持ち家比率は68.8%で全国順位は23位。自動車保有台数は166万687台となっており、人口100人当たりの保有台数は約85.82台となっています。これは全国的にも高い数値で、全国での順位は6位となっています。福島県は田舎と言える方ですので、やはり家庭で車が必要になる機会が多いためこのような数値になっていると想像できます。また、農業なども盛んな為、トラックなどの車も多く存在しているのでしょう。持ち家ですから、車はほとんどの場合敷地内に停められる事になりますが、停車場所というのは、屋外、屋内、屋根有無、シャッターの有無など様々です。新築などの場合、シャッター付きの駐車場などが増えてきていますが、福島県では都会のように新築が大量に建つというわけではないのでシャッターの無いご家庭も多いのではないでしょうか。また、シャッターというのは何も駐車場だけでなく、窓などにもつけることも多々あります。シャッターにも手動のものや自動のものなど、様々な種類がありますが、そもそも何のために必要なのでしょうか。大きくは防犯、防災、断熱/放熱などのために付けられます。防犯は非常に分かりやすいですが、外部からの侵入を防ぐためのもので、シャッターの有無で危険性はかなり変わってきます。防災に関してですが、これは台風や強風の際に様々なものが飛んで来る事がありますが、こういったものから窓や車を守る事ができるためです。また素材によって、断熱や放熱効果もあるため、福島県のような寒い地域ではシャッターを閉めておく事で家を温めるなどの効果も期待できます。このような様々なメリットから、シャッターの需要は高まってきています。特に屋外に停車されている車などは、窃盗などの被害に合いやすいですし、車がある=家に人がいると外部に教えているようなものです。シャッターは防犯の観点からいうと費用対効果も高いため、防犯に対して積極的なご家庭であれば導入を検討される事をおすすめします。

シャッター110番の福島県地域における対応エリアについて

  • 福島市
  • 会津若松市
  • 郡山市
  • いわき市
  • 白河市
  • 須賀川市
  • 喜多方市
  • 相馬市
  • 二本松市
  • 田村市
  • 南相馬市
  • 本宮市

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。