コラム

使用頻度が高い時には注意が必要

シャッターが故障する主な原因は、部品や本体の劣化や摩耗によるものです。そのため、使用頻度が高ければ、それだけ早く寿命を迎えるということになります。
シャッターでいう使用頻度とは、開閉の回数を指します。つまり、1日で開閉する回数が多ければ通常よりも早く摩耗するということです。シャッターが寿命を迎えた場合、交換してしまうのがおすすめですが、時には劣化や摩耗以外の原因で壊れてしまうこともあります。

例えば、シャッターを巻き取る部分に異物が詰まっていたり、汚れたまま巻き取ることで不具合が起きることもありますし、台風などの時には大きな飛来物により、壊れてしまう事もあります。このような事が原因でシャッターが壊れた場合、シャッター修理することで、その先も使い続ける事ができるでしょう。

シャッターが壊れるたびに買い替えていては、費用もたくさん掛かりますので、時にはシャッター修理の利用も有効となります。壊れたシャッターがまだ寿命を迎えていない時には、修理を検討されるのもおすすめです。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。