コラム

シャッターの錆を防ぐ

シャッターを劣化させる原因の一つとして、錆の発生が挙げられます。シャッターの多くは、鉄でできています。中にはアルミやステンレス製のシャッターもあるのですが、鉄はコストパフォーマンスが高く、加工もしやすいため、今もシャッターに広く利用されているのです。
そんな鉄製のシャッターですが、基本的には塗装によって保護されていますが、それでも錆びてしまう事があります。例えば、飛散物が当たることで傷がつき、底を中心に錆びてしまう事があります。また、常に直射日光や風雨にさらされていますので塗装も剥がれやすく、一度錆が発生すればシャッターの内部まで錆に侵食されてしまうことになりかねません。そして最終的には、シャッターに穴が開くほど劣化が進んでしまう事があるのです。

それを避けるためにも、シャッターの錆対策が必要です。
もしもシャッターが錆びついてしまいましたら、すぐに錆取り剤を使用して錆を取り除きましょう。そのままでは再び錆がついてしまいますので、取り除いた後は塗装を施し、錆が発生した部分を保護します。必要に応じて、複数回塗料を塗り重ねるようにしましょう。
シャッターの錆は特に沿岸部で発生しやすく、シャッターメーカーによっては沿岸部用の錆に強いシャッターを販売している程です。しかしシャッターの錆は全国どこでも発生することがありますので、穴が開いてしまう前に当サイトまでご相談ください。

0800-805-7604

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-871

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

取材依頼多数

私たちが24時間365日サポートいたします

0120-949-871

24時間365日
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。